フランキー・ランドール死去

news ボクシングニュース
Frankie Randall

出典:BoxRec

フランキー・ランドールが23日に、アメリカ・テネシー州モリスタウンで亡くなりました。59歳でした。

生涯戦績は、77戦58勝(42KO)18敗1
分。
獲得タイトルは、WBC、WBA世界ジュニアウェルター級王者。WBAは1度、WBCは2度王座を獲得しています。技巧派のボクサーで、ニックネームは「サージャン(外科医)」。

Frankie Randall 2

出典:BoxRec

フランキー・ランドールが有名になった試合は、ラスベガスで1994年1月29日に行われたWBC世界ジュニア・ウェルター級タイトルマッチ。
チャンピオンのチャベスは90連勝中(89勝1分)で負けなし。チャベスの連勝を誰が止めるのかと注目されていましたが、まさかのフランキー・ランドールがダウンを奪って判定勝利。
私もこのニュースを聞いた時は、衝撃を受けました。
ボクシング界のレジェンドのチャベスが初黒星。相手は伏兵のランドール。この試合は永遠に語り継がれる試合になりました。

キャリア後半は負けが多くなりましたが、チャベスの初黒星というチャンピオンベルト以上の栄冠を掴み取ったと思います。
引退後は、試合でのダメージが原因と思われるパーキンソン病で、施設で療養していたそうです。

偉大なボクサーが亡くなるのは、本当に悲しいです。
ご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました