プロボクシング体重超過 厳罰新ルール

body weight ボクシングニュース

body weight

 

プロボクシングの体重超過で計量失格ボクサーに対し、試合中止を含めた厳罰ルールが決まった。

体重超過が契約体重の3%以上の場合は、再計量の2時間猶予を与えず、その時点で試合は中止とする。3%は「経験から落とせない体重で、落とさせるには危険」との判断で決まった。

3%未満は2時間猶予が与えられるが、再計量でも超過は試合中止とする。または試合中止をしない場合も、当日再計量を義務付けて8%以上超過した場合は試合中止とする。また、制裁金と6カ月から1年間のライセンス停止処分も明文化された。

素晴らしいルールです。
ボクシングはスポーツです。同じ条件の中でどちらが強いかを争う。当たり前の話ですが、昨今このルールを破る選手が後を絶たないのも事実。
テレビの放映権、会場の費用、お客さんのチケット等、当然試合中止になれば莫大な損害が発生するのも理解しているつもりです。だからと言って、同じ条件化にない選手同士で試合をするのが、神聖なスポーツかといえば、それは違います。

ボクシング界が盛り上がり、巨額のマナーが動くことに対しては賛成です。選手の取り分も増える訳ですから、今後も盛り上がっていってほしいです。

ですが、最低限守らないとダメな部分はあります。階級制のスポーツなのですから、同じ階級の選手同士が争うのが、最低限のルールです。ここをいい加減に認めてしまうと、今後ボクシングというスポーツの衰退にもつながると思います。

3%オーバーで試合中止。

大いに結構、ガンガン中止しちゃいましょう。チケットは払い戻せばいい。本当のボクシングファンなら理解してくれます。テレビや会場の費用、全部罰則した選手に負担してもらいましょう。それだけのことをしでかしたのだから、当然です。

一応、このルールは国内だけのルールになりますが、日本国内でこの厳罰ルールが決定したのは、非常に大きいです。日本での世界戦がこの厳罰ルールで行われるわけですから、この流れは日本から世界に広がるはずです。選手の安全、スポーツとしての公平性、そしてボクシングの未来の為にも、是非とも広まってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました