ホルヘ・リナレス vs ワシル・ロマチェンコ

impressions 試合の感想

今年一番のビックカード、リナレス vs ロマチェンコ。
WOWOWでの生放送が決定した時点で、歓喜したことを覚えています。

日本でデビューしたリナレスを応援したい気持ちもあるが、相手はパウンド・フォー・パウンドにも選ばれているロマチェンコ。相手の体だけでなく、心まで折ってしまう戦闘スタイル。
個人的にはロマチェンコも好きな選手なので、好きな選手同士の世界タイトルマッチ。複雑な気持ちもありますが、どちらが強いんだろうというボクシングファンの血が騒ぐ試合でもあります。

 

スポンサーリンク

圧倒的な強さが消えたロマチェンコ


 

直近4試合、ウォータース、ソーサ、マリアガ、リゴンドーと、心までも破壊して圧勝しているロマチェンコ。
ロマチェンコのスタイルとしては、3ラウンドまでに相手のスピード、距離をインプットし、それ以降は相手を圧倒する驚異的な強さで相手の心を砕いてしまう。
プロボクサーが世界戦でギブアップする。
これは相当な力関係がないとあり得ない状況です。

まして、力関係に明らかに差があるならまだしも、飛ぶ鳥を落とす勢いのドネアをKOしたウォータース、五輪2連覇のパウンド・フォー・パウンド常連のリゴンドー。世界トップクラスのファイター相手にこの勝ち方をするわけですから、ロマチェンコの強さは認めざるを得ません。

ですが、今回のリナレス戦ではこのいつもの圧倒的な強さは見られませんでした。前半にいつも通り相手のスピードや距離をインプットしようとしていましたが、結局最後までインプットできずにいたような気がします。
当然、試合は終始ロマチェンコペースでしたが、いつもは試合の中盤以降はほとんどパンチが当たらいロマチェンコですが、今回の試合、結構被弾していました。最後までロマチェンコのコンピュータには、リナレスのデータはインプットされなかったようです。
それでも、最後はKO勝ちしたロマチェンコは流石です。

 

リナレスは評価を上げたのでは


 

結果的にはKOで負けたリナレスですが、ロマチェンコ相手にスピードでも対応できていましたし、プロ初のダウンを与えたわけですから、リナレスの底力を見せつけたのではないでしょうか。
もしかしたら、テレビで見ている我々がわからないくらいに圧倒的な力の差を感じていたのかもしれませんね。それでも、リゴンドーやウォータースのようにギブアップせずに最後まで打ち合ったリナレスは評価されるべきではないでしょうか。

ロマチェンコに敗れた相手は基本的に評価を下げざるを得ない状況でしたが、今回のリナレスに関しては、これに当てはまらないのではないかと思います。

 

今後のライト級でのロマチェンコ


 

ライト級でのロマチェンコ。
まだ一試合しか見ていないので、何とも言えませんが、相変わらずの強さは健在だと思います。ですが、かつての圧倒的な強さは息を潜めているような気がします。
最近ライト級に上げたマイキー・ガルシアもそうですが、やはり階級を上げる難しさってのを感じます。かつてはコンビネーションで見事なKOを築いてきたガルシアも、階級を上げてからKOからは遠くなっています。

下から上がってきたロマチェンコとガルシア。
二人がライト級を搔き回す展開を期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました